政策方針

首都直下地震への対応

30年以内に首都直下地震が発生する確率は、70%と予測されています。
日本では、阪神淡路大震災、東日本大震災、記憶に新しい能登半島地震と、一つとして同じ境遇の震災はありません。予想される被害を洗い出し、明確なビジョンを持って地震対策をおこなっていくことは、都政の使命となっています。

東京に生まれて良かったと思える政策

東京で子供を産み育てることに、不安を感じている人がたくさんいると思います。この現状を打破するために、いくつかの改革と改善を行い、「東京に住んでいるとワクワクする子育てができる」そんな環境作りを行わなければいけないと強く感じています。

子育て世帯のサポート、義務教育の改善、子供の体験機会を増やす政策を実現し、子育て環境を改善することは、子供たちの未来の選択肢を増やすことにつながり、現状の改善だけでなく東京都の未来創造にも直接的につながります。
東京で生まれ育った人たちが、未来で輝ける「人」となり、東京に生まれて良かったと思えるような人材育成が、この政策のGOALであると考えています。