都民の安全安心

ペットと一緒に対策する避難計画の作成

ペットは家族の一員として扱われ、災害時にペットとの同行避難は重要です。その安全も考慮する必要があります。(私もペットを飼っています!)
あまり知られてはいませんが、東日本大震災をきっかけに環境省はペットとの同行避難のガイドラインを作成し、同行避難を推進しており、災害時には飼い主がペットと一緒に安全な場所へ避難することが求められています。
東京都では在宅避難が推奨されていますので、人間だけでなくペットのご飯やお水も必ず防災グッズとして準備してくださいね。

ペットの避難用具

避難所へ同行避難する場合は、ペットの避難用具として準備をしないといけないものがあるので、こちらも必ず準備しましょう。

  • 首輪・リード
  • キャリーバッグ
  • 食料・水分

避難所では、キャリーバッグやケージの中に入れなければいけないルールがあります。
必ず避難用具を持ち出せるように準備し、避難指示が出たときにすぐに持ち出せるようにします。

避難所に着いたら

避難所に到着したら、ペットの同行避難者の数や天気・気候を考慮して、避難所管理者が決めるペットの飼育スペースや飼育方法に従います。
様々な人やペットが生活するため、人とペットの移住場所を区別し、飼育者と非飼育者の場所を分けるなどの対策が取られます。

避難所での飼育ルールは異なるため、自治体の指示に従い、避難所でのルールを守ることが必要です。また、ペットは、震災で疲れた心を癒してくれる存在です。他の避難者への配慮も重要とされますので、ルールを守った避難ができるように、しっかりと事前準備をしておきましょう。

環境省のペット同行避難ガイドラインはこちら
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3002.html

政策方針へ戻る