都民の安全安心

災害時要支援者とは

災害時要支援者への適切な支援は、災害対策の重要な一環であり、全ての人が安全で安心して生活できる社会を実現するために不可欠です。

災害時要支援者とは、自然災害が発生した際に、避難や日常生活において特別な支援を必要とする人々のことを指します。これには高齢者、障害を持つ人々、妊娠中の女性、乳幼児を持つ家庭、言語や文化の違いにより情報の取得が困難な外国人住民などが含まれます。災害時におけるこれらの要支援者への適切な支援は、全ての人が安全に避難し、災害から回復するために非常に重要だと考えます。

政府や自治体の役割

政府や自治体は、災害時要支援者への支援計画を策定し、避難所の運営、情報提供、物資の配布など、災害発生時の支援体制を整える責任があります。そして、地域コミュニティやボランティア団体と連携し、災害時における要支援者への支援を強化することも求められています。

中野区では、災害時個別避難支援計画書の作成というページで要支援者の方の避難計画書の作成支援と、登録について紹介しています。
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/bosai/jishin-sonae/jijyo-kyojyo/saigaiji.html

中野区では、妊婦や、幼児のいるご家庭、シングルマザーの方など、避難に対して特段の配慮が必要な方は、登録ができます。ただフォーマットは、高齢者の方、障がい者の方、要介護者・要支援者の方向けに作られています。しかし、実際の災害時に、シングルマザーで幼児を抱えているかたは、支援を受けなければ避難ができないケースもあります。気後れせずに、避難に不安がある方は、是非区役所等にお問合せください。

もし、問い合わせ窓口がわからない、どう問い合わせればいいかわからないなど、場合などがあれば、当サイトのお問合せフォームからご相談いただければ、登録方法についてもサポートいたします。

対象となる災害時要支援者

一般的には、下記の条件が要支援の対象となるとされていますが、各自治体によって対応しきれないことを理由に、条件が異なる場合があります。

高齢者:

移動が困難であったり、日常生活を送る上で介護や医療の支援が必要な場合があります。

障害を持つ人々:

身体的、知的、精神的な障害があり、避難行動や情報の取得に際して特別な配慮が必要です。

妊娠中の女性:

安全な避難場所や避難行動、医療へのアクセスが必要です。

乳幼児を持つ家庭:

乳幼児のケア用品や安全な避難環境が必要です。

外国人住民:

言語の壁があり、災害情報の取得や避難行動に際して支援が必要です。

政策方針へ戻る